おはなし

パッカと繋がる様々なお話を逐次紹介しております。(英語のみ)

パッカハーブスの本質

パッカハーブスが、ハーブティーやハーブサプリメント(日本未発売)のパッケージのリニューアルを契機に、ほんの少し自己省察を行っていることにお気づきになられた方もいらっしゃるかもしれません。日々の生活から1歩退いて、これまで行ってきたことを棚卸しするのは、常に健全な活動です。時に私たちは、毎日の生活や仕事に追われ、全体が見えづらくなることがあります。しかし、新鮮な目で周囲を眺めれば、新たな展望が開けてきます。それでもなお、本当に自分が目指しているものを表現することや、自分が目にしていることから本当の学びを得るためには、少し努力を要します。それは大変なことですが、やる価値はあります。

この作業を進める中で多くの気づきが得られました。そのうちの1つは、ハーブティーとハーブサプリメント(日本未発売)をより密接に関連づけた方がよいのではないかということでした。これらの製品には同じグレードのハーブが含まれており、その多くは英国に於ける薬局方に記載されたレベルの品質です。また両方とも、人々に良い働きをもたらすという同じ狙いを持っています。ハーバリストとしての経験から、私は、植物を用いることが健康で活力溢れた状態を保つ基本であることを知っています。だからこそ、私たちは、植物が持つ驚くべき香りや風味、色、そしてその効果を探索する、ハーブとの素晴らしい出会いを皆様に体験していただきたいのです。

この出会いを実現しやすくする試みの一環として、人々を植物の力に結びつける手助けをしたいという私たちの思いを反映させるために、新しいパッケージデザインの中心にある「ハート(思い)」は、自然のエッセンスのひとしずく、つまり、純粋でパワフルで完全なもの、をイメージしています。人々と植物を織り交ぜたこの新しいクリエイティブなデザインは、以前よりもさらに鮮やかになり、私たちの理念をより色彩豊かに表現するものと思われます。

パッケージの色やデザインを見れば、その味やどんな気分にしてくれるか、特定のニーズにどのように対応しているかがわかるようになっているので、植物のパワーを理解する手がかりにしていただきたいと思っています。

アーユルヴェーダを勉強した時に最初に習ったことの1つに、「有能なヒーラー(治療師)は、患者が本当に必要としていることを知り、『患者の心』に寄り添うことができる技能を上達させる」、ということがあります。私たちは全ての活動において、この考え方を実践しようとしてきました。そうすることで、少しでも、皆様が自らを振り返る旅のお役に立ちたいと願っています。

幸いなことに、この自己省察の結果、随分昔にティム(パッカハーブスの共同創立者)と私が書いた起業時の理念(2002年創業当時)が、本質的に、今の私たちにも同じように当てはまることがわかりました。

「植物が持つ驚くべき力を通じて、私達はハーブの素晴らしさに敬意を払い、コミュニティーとの繋がりを大切にし、人々や植物を含めた地球のために、そして、皆様の日常生活の役に立つことができるよう、私達は、日々精進します。」

もちろん、この活動はまだ終わったわけではなく、これからもたくさんの作業をしなければなりません。新しい展開があれば、その都度、まずこのサイトでお知らせします。

パッカハーブス ハーバリスト 兼 共同創立者 セバスチャン・ポール

28th May 2014

Perfect health starts with your constitution

Ayurvedic philosophy teaches us that everything in life has a constitution; be it a person, an animal, a food, or even a place. Understanding your own personal Ayurvedic constitution – or prakriti (which literally means ‘nature’) – is the first step in learning how to embrace your potential to achieve your optimum health.

つづきはこちらです。
23rd May 2014

Neem: revered and cooling

In Ayurveda, Neem – the same genus as the mahogany tree – is used to cool and soothe the body. With overheating comes side effects such as digestive heat, redness and sweating, and bitter foods such as Neem have been used in traditional Indian medicine for hundreds of years to cool you down.

つづきはこちらです。
23rd May 2014

Guggul: one of Ayurveda's most endangered plants

Over-usage and destructive harvesting methods have led guggul – or Indian myrrh – to become one of the most endangered plants used in Ayurveda. We work with farmers in Rajasthan, who are aiming to reverse the decline by choosing to cultivate guggul to bring its magic back.

つづきはこちらです。